top of page

10月1日(土)の釣果情報

更新日:2022年10月2日

 今朝家を出ると東の空が朝焼けに染まり幻想的な雰囲気を醸し出しており、心が洗われたようなすがすがしい気持ちになりました。その神秘的な様相が北防にも伝わり海面も怪しげな様子で、さざ波を押さえるかのように数本の潮目が走っており、なにやら大物が息をひそめ潜んでいそうな気配です。時折ナブラが見られるので、小魚の群れを追いかけるイナダなどのフィッシュイーターも元気にそうです。

 「天高く馬肥ゆる秋」と言いますが、北防のお魚さん達も食欲が旺盛になっており、脂のりのりで皆さんを待っていますよ!

 さて、今夜の食卓を賑わしてくれるのはどんなお魚さんたちでしょうか?貴方の腕次第でお望みのお魚さんやイカやタコさんが並びますよ。いざ、勝負!

 管理棟の爺の予感が的中し、オープン早々から45㎝オーバーのマダイ、クロダイが上がりました。今日は朝から爆釣モード突入の様相です。今からでも遅くないので、北防へいざ出陣!


〇マダイ  300m付近の男鹿側でカニをエサにした落とし込み釣りの人に45㎝がいきなり食いついてきました。「こいつぁ~、朝から縁起がいいや!」と、釣った少年は恵比須顔でした。

パイプライン側の350m付近からカニをエサにした半ブッコミ釣りに42 cmがヒットしました。


毎週お爺ちゃんと一緒に来てくれる少年が、最近ハマっている落とし込み釣りでいきなり47㎝のマダイをゲットしました。もう完璧に師匠のお爺ちゃんの腕を追い越しているようですね。師匠も嬉しそうでした。


パイプライン側で釣れたマダイ。


〇クロダイ  400m付近の男鹿側で49㎝がカニに食いついてきました。朝一で目の前においしそうなメインデッシュ(!?)が落ちてきたら、クロダイで無くても食いついちゃいますよね(笑)。このクロダイを釣った人から申告があり、正確に計測したら50.5㎝あったそうです。監視員の見誤りでした。40㎝台と50㎝台では全然違いますからね。大変失礼いたしました。

パイプライン側と男鹿側の400~600m付近までで30cm前後がウキフカセ釣りにヒットだししました。エサはオキアミとネリエです。

パイプライン側の350m付近でダンゴ釣りの人に34㎝クラスが5枚ヒットしています。エサ取りのアジやサバが多いので、サナギをダンゴで包んでの釣果です。


50㎝まであと一歩のクロダイです。お腹がひっこんでいるので、余程腹が減っていたんでしょうね(笑)。


ネリエに食いついてきた30㎝ジャストのクロダイ。


かわいらしいクロダイを釣り上げたのでリリースしようとしましたが、針を飲み込まれていたためやむなくキープしました。


これと同サイズが同じ場所で5枚上がりました。


サナギに食いついた同サイズのクロダイがスカリの中で観念していました。


男鹿側の500m付近で上がったクロダイ。


〇アオリイカ  男鹿側の700m付近からのエギングの人に胴長20cmのアオリイカが抱きついてきました。「馬肥ゆる秋」にちなんでイカちゃんも日に日に肥えてきているようですね。

今日もアオリイカは好調で、300~700mの男鹿側やパイプライン側で胴長15~20㎝クラスがコンスタントにヒットしています。午前10時までに1人で7杯釣った強者もいます。


いいサイズですね~。釣りたてはイカが興奮して焦げ茶色から透明になったりと変化するのを見ていると、釣り人も興奮して来ます。


300m付近の男鹿側でヒットしました。今日はパイプライン側より男鹿側が良いようです。


600m付近の男鹿側で釣れたアオリイカです。こちらも身が厚そうで良いサイズですね。


顔出しNGの方が男鹿側の450mで釣り上げました。胴長が20㎝を優に超えており、「ズッシリと重く結構抵抗しました」と、嬉しそうでした。このサイズだったら大満足ですよね~。


今日の北防のアベレージサイズです。「どうだ、いいだろう!」と、言いたげな顔をしていますね。違ったらごめんなさい🙇


スミを掛けられまいと恐る恐るのぞき込んでいる姿が何とも言えないですね~。


「イカ(!?)肥ゆる秋」ですね~。コロコロしていますね。




〇ヒラメ   500m付近のパイプライン側でダンゴ釣りをしていたら45cmのヒラメがエサのオキアミを一飲みにしてきました。エンガワがピント張っていて旨そうですね~。

500m付近の男鹿側でアジの泳がせ釣りに40㎝がガブリと食いついてきました。今まではサバに食いついていましたが、今度はアジに好みを変えたようですね(ただ単にサバよりアジが釣れているからだと思いますけど・笑)。

700m付近の男鹿側で投げサビキ釣りをしていた人に50㎝のヒラメがヒットしました。たぶんサビキに掛かったアジにアタックしてきたと思っていましたが、サビキそのものに食いついてきたそうです。。それにしてもよく上げましたね~。アッパレ!


今日はヒラメをゲットしご機嫌の常連さんです。次はクロダイを仕留めると意気込んでいました。


アジに食いついてきたヒラメ


先端部でアジの泳がせ釣りで狙っていた人に本命のヒラメがきました。念願が叶って満足顔でした。


サビキで釣り上げられたヒラメです。よくぞバレずにタモ網に収まりましたね。



〇アジ  300m付近から先端部にかけての男鹿側での投げサビキや足元のサビキ釣りの人達に15~20㎝クラスが釣れだしてきました。そろそろ群れが回って来たようです。家でボーとしているお父さん、お子さんやお母さんを誘って夜の食卓を彩りませんか!

のんびりと午後から来て先端部に入り、投げサビキ釣りで30cmオーバーのアジを筆頭に20㎝クラスを数十匹確保し、意気揚々と引き上げていきました。なんと効率の良い人でしょう(笑)。


30㎝超えのアジをゲットし、「楽しかったぁ~!」と、笑顔で帰りました。


昼過ぎからの約2時間でこの釣果です。こんだけあればいろんな調理法で食べれますね。

いつもクロダイを狙っている常連さんですが、今日はアジが食べたいみたいで20㎝クラスをキープしていました。


300m付近の男鹿側で釣れている20㎝クラスのアジです。


アジも20㎝クラスが釣れだし、徐々に良くなってきました。


〇サバ   300m付近から~先端部にかけてサビキ釣りやウキフカセ釣りの人達に15~25cmクラスのサバが釣れています。


20㎝クラスのサバを釣り、ドヤ顔の少年です。この後にも数匹釣り上げニコニコしていました。


〇マダコ   ベテランのタコ釣り常連さんが「今日はアタリが渋いなぁ~」と言いながらも、300~600mの男鹿側を丹念に攻めて5杯引きずり出していました。さすが名人!先日爺が甘醤油煮をしたタコをいただき、晩酌の量がいつもより増えました。ありがとうございました。またお待ちしていま~す(図々しい管理棟の爺ですんません・😅)

「タコ釣り命少年」のライバル少年がメラメラと闘志を燃やして北防にやって来ました。気合い十分で挑み見事に2杯ゲットし、写真に収まってから再度チャレンジに向かいました。頼もしい少年ですね~!ガンバ!


反応が鈍いなと言いながらも3杯ゲットしたタコ釣り名人です。この写真を撮った後に2杯プラスしました。爺に回って来るかも(ちょっぴり期待していま~す)。


「2杯釣ったよ!」と管理棟の爺に報告に来てから気合いを入れ直し、「初代タコ釣り命少年」に闘志を燃やすライバル少年です。この後2杯追加していました。後で爺にコツを教えてね(笑)。


〇イナダ   先端部でアジングをしていた人に30㎝のイナダがヒットしました。サビキ釣りの人にも釣れたので、徐々に港内へ回って来たようです。


アジングのワームにアタックしてきたイナダです。


サビキにヒットしたイナダ。大事そうに持っているのがいいですね~。


〇ウミタナゴ   600m付近のパイプライン側で足元に垂らしていたサビキ釣りに20㎝クラスが釣れました。ウミタナゴは春に釣れる魚ですが、まだ居残り組がいるようですね。


アジを狙っていたらウミタナゴが釣れ、少年は見たことがない魚なので驚いていました。




閲覧数:4,130回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page