10月30日(土)の釣果情報 

更新日:2021年10月30日

今朝はめっきり寒くなり、訪れている釣りファンの方々の服装も厚くになり、ちょっぴり太めに見える人が多くなりました。管理棟の爺も根性なしのため、今日はテレビ通販でやっているあったかモモヒキをはいて来ました(笑)。気温は低くなりましたが、海水温はあまり低下していないようなので、お魚さんたちは爺より根性があるので皆さんの熱き思いに応えてくれると思いますよ。


今日の午前10時頃からお昼まで「ラムだっちゃ」さんがあったか弁当を販売しますよ。冷えた体にはあったかごはんはありがたいですよね。


〇カサゴ   朝一でかわいい元気な女の子に30cm近いパワフルなカサゴが飛びついて来ました。釣れたのは400m付近のパイプライン側で、ブラクリにコーンを付けての釣果です。

250m付近のパイプライン側で、アジの泳がせ釣りの少年に30cmクラスがアタックしてきました。監視員のおっさんに釣り方を聞いて釣れたと大喜びでした。監視員のおっさんが管理棟に帰ってきたら、管理棟の爺にひとしきり講釈をたれると思うので、覚悟してま~す(笑)。




女の子の魅惑的な誘いに負けて思わず食いついてしまったようですが、カサゴさんもこんなかわいい子に釣られたのであれば本望だと思いますよ(笑)。


この大きさだったら結構引いたと思うので、興奮したでしょうね。いい思い出ができましたね。

朝方の先端部で釣りを楽しむ人たち。お昼近くから青空が広がり気温も上昇し、厚着の人も上着を脱いで竿先に神経を集中させています。


〇マダイ   先端部からタイラバのキャステングの人に63cmがヒットしました。先端部は潮の流れのある日は、マダイやヒラメがタイラバやアジの泳がせ釣りに食いつくパターンが増えています。

400m付近の男鹿側でカゴ釣りをしている人に、53cmがヒットしました。エサはオキアミです。


先端部でのタイラバに食いついてきた63cmのマダイ。肉厚で脂が乗っていそうですね。


カゴ釣りで53cmのマダイを上げた釣り人。いくつになっても良型を釣ると顔が緩んじゃいますよね。その気持ち、よく分かります。


〇クロダイ  300m付近のパイプライン側で30cmクラスがヒットしました。釣り方はダンゴ釣りで、エサはオキアミです。

700m付近の男鹿側でのカゴ釣りの人に50cmがヒットしました。50cmクラスが釣れたのは久々です。


クロダイの50cmオーバーは久々です。まるまる太っていて、こってり脂が乗っていそうです。


ダンゴ釣りでゲットした30cmクラス。最近クロダイがあまり姿を見せなかったので、嬉しそうですね。



〇アオリイカ    100m付近のパイプライン側で、ずっしりと重い胴長25㎝クラスがエギに抱きついて来ました。そろそろ終盤に入り数釣りはあまり期待できませんが、サイズは大きくなってきています。監視員が写真を撮ろうとしたら墨をはいて真っ黒になって袋に入っていたので、残念ながら撮れなかったそうです。

200m付近のパイプライン側で、胴長20㎝が上がりました。


200m付近のパイプライン側でエギに抱きついてきたアオリイカ。


〇シーバス   先端部の男鹿側で自作の改造タイラバで挑んでいる人に、今シーズン最大級の85cmがヒットしました。ここしばらくシーバスは見なかったので、ルアーマンは興奮しています。


久々に姿を見せた85cmのシーバス。このサイズだと、やはり精悍ですね。



〇ヒラメ    300m付近のパイプライン側でダンゴ釣りをしている人に、47cmが釣れました。エサはオキアミです。パイプライン側はゴロタ石と砂地が入り組んでいるので、いろんな魚が釣れます。

先端部の男鹿側でサビキ釣りをしている人が、サビキに掛かったアジに60cmクラスのヒラメが食いついて来たと、思わぬゲストに喜びいっぱいでした。


ヒラメは鋭い歯をむき出しにして口を開けていますが、それとは逆にお父さんは口を閉じて対抗しています(笑)。


毎週のようにきてくれるおじいちゃんが、サビキに掛かったアジにヒラメが食いつき「今日はこの1 枚で満足だよ」と、意気揚々と帰りました。


〇アジ・サバ    400m~先端部にかけてサビキ釣りの人に、15~20㎝クラスのアジとサバがポツポツ釣れだしてきました。先端部ではアジングの人に20㎝オーバーがヒットしています。


先端部のウキフカセ釣りの人に釣れたアジです。いいサイズですね~。この大きさだと刺身もばっちりですね。なんか喉が渇いてきました(笑)。


今日は先端部でいい型のアジが釣れています。


サビキ釣りを楽しんている女の子がアジを釣り上げ満足そうでした。


このサイズのアジが防波堤のあちこちで釣れています。


サバがあちこちで釣れて、家族連れを楽しませてくれています。今日はサバの味噌煮でしょうか?


ベテランのお母さんはアジの多点掛けで気をはいていました。


〇マダコ    今日はタコ釣り名人のおじさん2人が寒風をものともせず気合い十分で挑んでおり、500m付近の男鹿側で全長30cmクラスをゲットしました。今日はまだタコ釣り命少年が来ていませんが、このブログを見たら闘志を燃やしやってくるかも知れませんね(笑)。

600m付近の男鹿側で1.5kgが2杯上がりました。釣り方はタコテンヤとタコ用エギです。おじさん名人たち気張ってますね!



グニョグニョと足をくねらせ手に吸い付いて抵抗する1.5㎏クラスのマダコ。


最近タコ釣り命少年に触発されたのかタコ狙いの少年が増えて来ました。初代タコ釣り命少年、うかうかしていられませんね(笑)。


こちらの釣り人はタコテンヤに釣ったアジを付けてゲットしました。


〇キス    150m付近の男鹿側で投げ釣りを楽しんでいる親子に、20㎝クラスが釣れています。根性のある居残りキス達がまだいるようです。


親子で釣りを楽しんでいる少年に魚体の綺麗なキスがヒットしました。この他にアジなども釣れていて、「今日はいっぱい釣るぞ~」と、寒さを吹き飛ばしていました。


お母さんもキスを釣り嬉しそうですね。今日はキスの天ぷらかな?


〇イシダイ    先端部で20cmクラスがウキフカセ釣りをしている少年のオキアミに食いついてきました。イシダイは小さくても引きが強いので楽しかったと思いますよ。


「どうだ!ボクが釣ったんだぞ」と、自慢げな表情がいいですね~。下針にマダイの稚魚が掛かっていますが、優しくリリースしてね。


〇エソ   600m付近の男鹿側で、アジの泳がせ釣りの人に60cmクラスがかぶりついて来ました。エソは歯が鋭いので、針を外すときには注意してください。

お父さんにロッドを買ってもらいめちゃ喜んでいた少年を先日紹介しましたが、その少年が今日もお父さんと来てくれて、「35cmのエソが掛かりすごく引いて楽しかった」と嬉しそうに話してくれ、「また来るね」と元気に帰りました。次はきっと尺オーバーのマダイが釣れますよ!


お父さんにロッドを買ってもらい、初めて引きごたえのあるエソを釣り上げ、「楽しかった。また来るね」と、元気いっぱいの少年。

閲覧数:2,498回1件のコメント

最新記事

すべて表示