top of page

11月12日(土)の釣果情報

更新日:2022年11月12日

 今日は放射冷却現象の影響で朝方の気温は5度で東南東の風が吹き少し寒いくらいですが、お昼前から徐々に高くなり最高気温が18度と暖かくなる予報なので絶好の釣り日和になるでしょう。

 今日の北防周辺の海水温は17.5度前後で、クロダイ・マダイ・ヒラメ・アジなどがみなさんの針に付けたおいしそうなエサを元気に探し回る水温のため、好釣果が期待できそうです。

 今年の北防開放日も残り僅かとなってきました。天候次第では今後何日オープンできるか分かりませんが、今日は絶好の日です。是非家族や友人を誘っていらしてください。お魚さん達も歓迎してくれると思いますよ!

 今日の朝一宅急便(釣果情報)で届いたお魚さんは、アジ君たちでした。


※来場者のみなさんアンケートにご協力お願いします。

 今月から、「荒天が予想される場合の北防開放について」と言うアンケート調査を実施しています。みなさんの意見を今後の北防開放の参考にさせていただきたいと思いますので、ご協力お願いします。(日大から依頼されたアンケートの協力要請もお願いするかも!)

 ・アンケート用紙は、誓約書と一緒にテーブル上に置いてあります。

 ・アンケート記入後は、回収ボックスに入れて下さい。

今月いっぱい開放時に調査を実施してますので、ご協力よろしくお願いします


〇アジ   先端部や600~700m付近の男鹿側で投げサビキやウキフカセ釣りで楽しんでいる人に25㎝オーバーが釣れだしてきました。最近はサイズもアップしてきているので、アジ釣りファンが増えています。25㎝オーバーだと脂ものっておりサシミ良し、塩焼き良しとヨダレが垂れそうですね(笑)。または、少し気が早いですが開いて一夜干しにして冷凍し、お正月用に確保するのもありですよ! 

アジが回遊しだしたようで、400m付近から先端部までの両側で20㎝クラスが釣れています。


何を釣らせても上手な常連さん、今日はアジ狙いでいきなり25㎝オーバーをゲットです。

脂が乗っていて、おいしそうですね~!



600m付近から先端部の男鹿側で写真のサイズが釣れだしてきました。


「アジ結構釣れるよ」と、嬉しそうな女性です。今日はどんな調理法で食べるのかな?


先端部ではこのサイズは小さい方でした。でも、数はそこそこ釣っていました。


今日はこのクラスのアジを1人で30匹以上釣った人が結構いました。皆さん今夜の食卓が賑わいそうですね。


〇マダコ  先端部の男鹿側で全長30cm弱がタコエギに抱きついてきました。管理棟の爺は先日マダコをいただきサシミと柔らか甘煮を作って一杯やったら、ついつい飲みすぎソファーでいびきをかいて寝てしまいました(笑)。



「タコ釣り命少年」の好敵手少年です。最近好調で良型マダコをバシバシゲットしています。爺も弟子入りしようかな~(笑)。全長60㎝、1.5kgクラスと3杯プラスして合計4杯釣り上げています。さすがですね!



常連さんもタコ釣り少年に負けじとゲットしましたが、サイズで負けちゃいましたね。きっと少年の顔を立てたんですよね。


常連さんのタコ釣り名人はのんびりやって来て、いきなり1kg近いマダコを引きずり上げました。さすがです!帰りに管理棟に必ず寄って声を掛けてくださいね。期待していま~す(笑)。


な、なんと、1人で9杯釣った強者もいました。顔出しNGですが、爺は誰か知っています。

さすがですね!


〇クロダイ  男鹿側の350m付近からのウキフカセ釣りの人に37㎝の若武者が果敢にアタックしてきてエサを飲み込みタモ網に飛び込んでしまいました。若いだけあって元気がありますね~(笑)。エサはオキアミです。

400m付近のパイプライン側でも30cmオーバーが3枚上がりました。釣り方はウキフカセ釣りのネリエサとダンゴ釣りです。


元気が余ってタモ網に飛び込んだ37㎝の若武者で~す。


カイズサイズもあちこちで釣れだしてきました。


このクラスがパイプライン側で1人2~3枚釣っていました。


パイプライン側の450m付近で2枚目を手にし、頬が緩んでいました。次はワンランクアップをゲットしてくださいね。


今日はパイプライン側でこのサイズが結構釣れていました。



〇サヨリ   400m付近の男鹿側で30㎝オーバーがおちょぼ口を上手に使ってオキアミを食べてきました。仕掛けは玉ウキを連ねたサヨリ仕掛けです。サヨリのサシミは上品な味で高級魚として知られています。銀座のすし屋さんや料亭などで食べると管理棟の爺は会計時に深海から釣り上げられたメヌケのように目玉飛び出し状態になってしまいます(汗タラリ)。


大人顔負けの腕前のいつも来てくれる少年です。このサイズがバンバン釣れたら嬉しいですよね。今日はドヤ顔で登場で~す(笑)。


サビキ釣りで運よくサヨリも釣っていました。


〇ヒラメ  先端部の男鹿側でサビキ釣りをしていた人が掛ったアジをそのままにしていら、そのアジに46㎝のヒラメが食い付いてきました。正に「果報は寝て待て釣法!?」ですね。管理棟の爺にピッタリの釣り方で~す(笑)。


「寝て待て釣法!?」で釣り上げられた46㎝のヒラメです。


ソゲクラスも釣れてますよ。


アジの泳がせ釣りで釣れた50cmオーバーのヒラメです。


〇マダイ   500m男鹿側でのウキフカセ釣りに27㎝のマダイがサナギのエサにヒットしました。これから大物のヒットを期待したいです。


ぷっくりしていて塩振り焼きサイズに丁度良いですね。


〇シーバス   150m付近の男鹿側で約77㎝のシーバスがバイブレーションのルアーにかぶりついてきました。取り込み時エラ洗い(水面に飛び出して暴れ、鋭いエラでラインが切られることも)してバレないかハラハラしたそうです。

600m付近のパイプライン側でアジの泳がせ釣りをしていた人に78㎝が大口を開けて一気に食いついてきました。今日70㎝オーバーが2本上がったという事は、他にもまだたくさんいると想定されます。明日の早朝が狙い目かも!


最後まで抵抗したシーバスです。


アジを一飲みにした78㎝のシーバスです。



〇サバ・フグ   200~400m付近の男鹿側で20㎝前後のサバが釣れています。仕掛けはサビキ仕掛けかウキフカセ釣りです。フグは調理免許が無いと食べれないので、皆さんリリースしていました。

今日は秋田市にある「ふれんず山王教室」の子供さんたちが大勢遊びに来てくれました。

釣り好きの先生からレクチャーを受けてから思い思いに楽しみ、サバやアジ・フグなどを生まれて初めて釣り上げ大喜びしていました。子供たちに喜んでもらうと監視員たちも疲れが吹き飛びます。


「この魚ボクが釣ったんだよ!」と、嬉しそうに見せてくれました。近くにいた同教室の子供たちで「もっとおっきいの釣るぞ~!」と、元気一杯でした。たくさん釣ってね。


〇エイ   350m付近の男鹿側でアジの泳がせ釣りをしていた人に1m近いエイが掛かりました。悪戦苦闘の末、結局タモ網が小さくて入らずラインブレイクしてしまいました。


タモ網に入りきらずラインブレイクしたエイ。


〇キス   ゲートから50m付近の男鹿側で15~20㎝のキスが釣れています。北防のキスは寒冷地仕様のようで、まだ元気があります。仕掛けはキス釣り仕掛けで、エサはアオムシです。


すぐ手前でポツンと1人で寂しそうに見えましたが、狙い目のキスを釣り上げてニコニコしていました。かしこい!

閲覧数:2,790回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page