top of page

6月4日(土)の釣果情報

更新日:2022年6月4日

今日は6月に入ったというのにまだ朝方は肌寒く、来場者の皆さんはしっかり着込んで準備万端で楽しんでいます。何事も「備えあれば患いなし」の例え通り、釣果の方も朗報が聞けるのではと期待しています。今日も安全第一をモットーに元気にチャレンジしましょう!

「早起きは三文の徳」とばかり午前7時前に40cmオーバーのマダイが2枚上がりました。今日は少し寒めですが、幸先が良いようですね。このままバシバシ釣れてくれることを願ってま~す!

今日はオープン時からAKT秋田テレビさんが取材にきてくれました。受付の様子や皆さんが楽しく釣っているシーンを撮影していました。放送日は来週の11日(土)夕方の「土曜LIVE!あきた」で放送予定だそうです。皆さん、観て下さいね。釣り東北も取材にきており、今日の様子を7月号に掲載予定です。


※お知らせ

先端部での釣りで今までは1人竿2本までとしていましたが、ウキフカセ釣りや投げサビキ、カゴ釣りなどで置き竿にした場合、ウキが流れて他の人との仕掛けと絡んだりするトラブルが発生しています。そのため今後は先端部での使用竿は 

1人1本(予備竿持参はOKです)とさせていただますので、ご理解のほどよろしくお願いします。


◎6月4日(土)に北防へいらしてくれた方が駐車場にパックロッド2本(リール付き)を置き忘れていました。管理棟で保管していますので、忘れた方は土日祝日の開放日に受け取りにいらしてください。


〇アジ    300m付近から先端部にかけての両側で15cm前後が釣れだしてきました。また、先端部で投げサビキ釣りをしている人に20cm前後が入れ掛かりになっています。

まだ水温が低めのせいか低層でヒットしています。しょっぱなから入れ掛かりだと寒風も熱風に変わっちゃうかも知れませんね(笑)。

先端部のパイプライン側でのカゴ釣りの人に27cmが掛かりました。



家族で来てくれた姉妹にアジが歓迎してくれ、大喜びしてました。お母さんは少し寒そうな格好でしたが、娘さんたちの元気な笑顔に「寒さも吹き飛びました」と、うれしそうでした。今夜の食卓は盛り上がりそうですね.。釣りは家族の絆を強めますよ!こちらの家族はお昼チョイすぎに「アジとキスを100匹以上釣ったので、満足で~す」と言って、元気に帰りました。

今日のアジさんたちは子供たちにサービスがいいようで、バンバン食いついて来てくれています。いつ見ても子供たちの笑顔は心を癒してくれますね~。



パイプライン側でのサビキ釣りに掛かった27cmのアジです。このサイズだと手応えがあっておもしろかったと思いますよ。


先端部での投げサビキ釣りに20cmクラスが入れ掛かりになっていました。


こちらの姉妹もアジを釣り上げ、大喜びでした。たくさん釣ってね!



〇マダイ   400~550m付近の男鹿側で42cmと43cmがお魚さんにとってはやや遅めの朝飯に食いついてきました。おいしいご飯はたくさんあるので、どんどんおかわりしてね(笑)。釣り方はブッコミ釣りのエサはアオイソメとウキフカセ釣りでエサはこちらもアオイソメです。今日のマダイのメインディッシュはアオイソメのようですね。


メインディッシュのアオイソメに思わず食いついてしまったマダイです。釣られてしまったマダイ君、今夜は君がメインディッシュですよ~(笑)。


こちらは43㎝のマダイです。脂が乗っていそうですね。



〇キス   先端部の男鹿側で投げ釣りをしている人に15~20cmクラスがヒットしています。650m付近の男鹿側でも20cmクラスが順調に釣れだしてきました。今年は北防のキスの出足がいいようですね。キス天を食べたい方はご飯のおかずと晩酌用にゲットしに来ませんか?


いいサイズのダブルヒットでご機嫌でした。家族全員分の天ぷら用をゲットしてくださいね。


こちらのキスも20cmクラスです。「こんなサイズ釣れると思わなかった」と、嬉しそうでした。


お母さんも負けじとばかりにキスを釣り上げ、はしゃいでいました。


短時間で4匹を釣り上げ、思わずVサインをする青年です。この後も20cmクラスを追加していました。


北防に何度か訪れているお父さんですが、今日初めてキスを釣りやや興奮気味でした。家族分釣ってキスのサシミと天ぷらで堪能してくださいね。


〇マゴチ   100m付近のパイプライン側でジグヘッドにワームを付けて狙っていた人に47cmが果敢にアタックし釣り上げられてしまいました。マゴチのサシミは甘みがあって抜群においしいですよ。今夜はお酒が進みそうですね、羨ましい~!


100m付近のパイプライン側で釣れた47cmのマゴチです。釣り人は釣り東北社の社長で「いい取材ができました。北防はポテンシャルが高いですね」と、改めて実感してました。ちなみに社長は「釣り東北7月号に掲載されます。立ち読みしないで買ってね!」と、やや真顔で言ってました。そして、マゴチは監視員の胃袋に収まることになりました(笑)。




〇ウグイ   400m付近のパイプライン側でサビキ釣りしている女の子に20cmクラスがヒットしました。ウグイは汽水域にも生息していて、40cmオーバーが釣れることもあります。


「このお魚さん、なんて言うの」と可愛く聞かれた監視員の爺は、思わず頬が緩み「ウグイだよ」と、こちらも可愛く応えました(気持ちわる~・笑)。


〇クジメ  350m付近のパイプライン側でのサビキ釣りに20cmクラスが食いついてきました。クジメは醤油で甘辛く煮つけるとごはんのおかずにも合うし、お酒のあてにもばっちりですよ。そういえば管理棟の爺はしばらくクジメの甘煮を食べていないな~、食べたいなぁ~。


醤油の甘辛煮がおいしいクジメです。



〇ヒラメ   600m付近の男鹿側で40cmが上がりました。釣り方はアジの泳がせ釣りです。今日はアジがたくさん釣れているので、泳がせようのエサには事欠かないですね。サイズアップを期待しています!


狙って釣ったヒラメなので、嬉しさもひとしおのようでした。



〇タチウオ    650m付近の男鹿側でブッコミ釣りをしている人にタチウオの子供が釣れて来ました。エサはオキアミです。関東の方ではタチウオの大きさを、指を合わせて体高を指3本とか4本と言って表現しています。もう少しするとサシミを取れる大物がくると思いますよ。


少しでも大きく見せようとグイっと前に出したら指の方が大きくなっちゃいました(笑)。


〇ソイ    男鹿側の650m付近からのブッコミ釣りに25cmクラスが大きな口を思いっきり開けてアオイソメに食いついてきました。煮付けに丁度いいサイズですね。


煮付けが旨そうなソイです。



〇ウミタナゴ   300m付近のパイプライン側でサビキにオキアミを付けて底を狙っていた人に26cmのウミタナゴが食いついてきました。殆どの魚は卵を産んで子孫を残しますが、ウミタナゴは胎生と言って魚の形のまま生む数少ない魚です。今日釣り上げられたウミタナゴのお腹から子供が出てきて、一緒に来ていた奥さんが驚いていました。


ウミタナゴのお腹から出て来た子供を手に「可哀そうだね」と言いつつも、「親は塩焼きにしたらおいしいですよ」と言ったらニッコリとした夫婦でした。今夜は仲良く半身ずつ食べるんですかね~。


〇メバル    先端部の男鹿側でサビキ釣りをしている人が5本針全部にメバル3匹とアジ2匹が掛かり、満竿達成です。これぞサビキ釣りの醍醐味ですね!メバルは21~25cmと食べごろサイズです。いつも食べる事ばかりですいません😅

監視員が興奮し夢中になってカメラのシャッターを押したのですが、どこをどう押したのか本人も分からず写っていませんでした( ノД`)シクシク…せっかくの写真をお見せ出来なくてごめんなさい。


ブッコミ釣りのアオイソメに飛びついて来た25cmのメバルです。コロンコロンしていていいサイズですね。


マコガレイ   650m付近の男鹿側からのキス狙いの投げ釣りの人に40cm弱のカレイと20cmクラスのキスが掛かって来ました。初めてのダブルヒットに大興奮してました。


「こんなに大きいの初めて釣りました!」と、興奮冷めやらぬ様子でした。一緒に来ていた彼氏(たぶん彼だと思いますが、違っていたら🙇)も自分が釣ったように喜んでいました。これだけ喜んでもらえばカレイも本望だと思いま~す(カレイの気持ちを代弁する管理棟の爺です・笑)。


〇コノシロ   650m付近の男鹿側からブッコミサビキ釣りの人が30cmクラスを上げました。




〇カタクチイワシ   先端部でサビキ釣りをしている人に12cm前後がパタパタと掛かり出しました。大きいとサシミが最高ですが、このサイズはヒラメの活きエサ用にピッタリですね。


ヒラメのエサに最適サイズのイワシですと、独断と偏見で勝手なことを言っている管理棟の爺で~す(笑)。

閲覧数:3,182回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page