9月18日(日)の釣果情報

更新日:9月18日

 台風の進行速度が予想より少し遅くなり本日オープンできる状況になりました。北防愛好家の皆さんにはヤキモキさせてしまい、申し訳ございませんでした。

 暑さ寒さも彼岸までと言われますが、まさしく今朝は涼しい風が吹いており釣りやすい状況となっています。明後日からは台風の影響でしばらくは釣りができないと思いますので、今日がチャンスだと思いますよ。アオリイカやマダイ、クロダイさんたちも気合いが入っており、皆さんの来場を待っていますよ!午前のひと勝負に是非いらしてください。

 早起きのお魚さんが顔を見せたらすぐにアップしますので、お楽しみに!

フェーン現象の影響で午前11時30分頃から気温が高くなってきています。昼過ぎには30度を超える予報ですので、熱中症にならないよう帽子などを被りこまめに水分補給をしてください。 



〇お知らせ

マダイ稚魚15,000匹、ソイ稚魚4,000匹放流 

 9月12日(月)に秋田港北防波堤からマダイの稚魚15,000匹とソイ稚魚4,000匹を(公財)日本釣振興会秋田県支部会員により放流されました。稚魚たちは管理棟の爺と違いすれていないので、目の前のエサやサビキの疑似餌にすぐ食いついてしまいます(すぐ食いつくのは爺と同じです・笑)。もし釣れてしまったら、「もっと大きくなってね!」と、優しく声をかけてリリースしてくださいね。数年後マダイ・ソイの恩返しであなたのロッドをしならせてくれますよ!


〇アオリイカ   今朝の早起きさんはアオリイカさんでした。パイプライン側の170m付近で胴長約15cmがオレンジのエギに抱きついてきました。釣られたイカさんは興奮してスミを吐くので、周りの人にかけないようにしてくださいね。

男鹿側の150m付近で胴長13cmがエギに触腕を伸ばしてきて、釣れ上げられました。

150~400mまでの両側で胴長13~15cmクラスが順調に釣れています。アオリイカが先陣を切ってアオってくれていま~す(笑)。 


一番乗りのゴールテープを切った気合いの入ったアオリイカで~す。何が起きたか分からずびっくりしたような目をしていますね(笑)。



お孫さんと遊びに来たおじいちゃんがアオリをゲットし、面目躍如です。顔が半分切れちゃっていますが、うれしそうな表情が分かりますね!


まあまあサイズを釣り上げ、ご満悦そうですね~。





〇クロダイ   男鹿側の400m付近での落とし込み釣りの人に47cmのクロダイがおいしそうなカニに食いついてきました。朝一なので元気があり、一気に引っ張られたそうです。

700m付近の男鹿側でダンゴ釣りの人に38cmがヒットしました。この他にも35cmクラスが上がっています。

600m付近から先端部にかけての男鹿側で、ダンゴ釣りの人に35㎝クラスが3枚上がりました。エサはネリエです。


カニに食いついてきた47cmのクロダイ。野武士の名にふさわしい面構えですね~。


ダンゴ釣りで釣り上げたクロダイ。


先端部で釣り上げられた42cmで、エサはオキアミです。エサ取りのサバやアジを交わしオキアミで釣り上げたのはさすがですね。本人も大喜びでした。


ダンゴ釣りでの1人の釣果です。


仙台からわざわざ月に何度も来てくれる女性クロダイ釣り師。今日は本命をゲットできたので、気持ちよく帰れますね。いつもありがとうございます。帰りの道中、気を付けてくださいね。


〇マダイ    冒頭でお知らせしました放流されたマダイ稚魚(10cm前後)がウキフカセ釣りのオキアミに食いついてきました。2~3年で30cm近くに成長するので、やさしくリリースしました。皆さんもご協力、よろしくお願いします。

500m付近の男鹿側でブッコミ釣りのオキアミに30cm弱が食いついてきました。狙って釣ったので、嬉しさ倍増でしょうね。

パイプライン側の500m付近でウキフカセ釣りの人に53cmがヒットしまた。サバやフグの猛攻に諦めず攻め続けた粘り勝ちですね。お見事!

400m付近のパイプライン側でウキフカセ釣りの人に40cmが掛かりました。


放流された10cm前後のマダイ稚魚です。この後やさしくリリースしました。


カップルでマダイ狙いできた常連さんが、ブッコミ釣りで本命を仕留めました。


サバやフグの猛攻にもめげず粘り勝ちで手にしたマダイです。おめでとうございます。


この方も仙台からいつも来てくれ、その甲斐があり念願の40cmオーバーをゲットしました。今日の北防は遠来のお客さんにはちゃんと応えてくれました!




〇サバ   200m男鹿側で20cm前後がサビキに釣れだしてきました。コマセが効きだすとバシバシ釣れると思いますよ。


お父さんと一緒に来た少年がはやばやとサバをゲットです。お父さんが、お子さんがこのホームページにアップされるのを期待していたので、念願成就ですね!お父さんも負けずに頑張ってくださいね。


早起きして来た甲斐があり、サバを釣り上げました。でも、まだ少し眠そうですね。そこがまたかわいいですね。


サイズはともかく、ファーストヒットは嬉しいものです。顔に出ていますね~。


お母さんと連休を利用し神戸から遊びに来た少年が、生まれて初めてサバを釣り感激していました。いい思い出ができましたね。


〇イワシ   650m付近男鹿側で13cm前後のイワシが乱舞しています。サビキにバシバシ食いついてきて釣り人達が興奮しています。釣りたてのイワシの刺身は抜群に旨いので、管理棟の爺は釣りたくてヤキモキしてま~す。ヒラメも好物なので狙い目ですよ!


このサイズの群れが湾内に入ってきて、サビキに食いついています。


〇アジ   250mから先端部にかけて15~25cmクラスがサビキ釣りやウキフカセ釣りに釣れだしてきました。これから群れが回って来るのではと期待しています。


250m付近の男鹿側でサビキ釣りをしていたら20cmクラスがヒットしました。「今日はアジたたきかな」と、嬉しそうでした。


家族で先端部に入りアジとサバをそこそこ釣り上げ、「晩のおかずが釣れたので、帰ります」と、午前9時前にひき上げました。なかなか効率のいい家族ですね~(笑)。


まあまあサイズのアジを黙々と釣り上げるベテランです。


〇ダツ  お父さんと一緒にきた大学生がダツを釣り、「これおいしいですか?」と聞かれたので、「もっと大きくなると脂が乗って来て旨いですよ」と応えると、「よし、頑張ってもっと釣る」と、張り切っていました。針を外すとき歯が鋭いので気を付けてくださいね。


家族でのんびり釣りを楽しんでいる光景は微笑ましいでね。


〇シマダイ(イシダイの若魚)  400m付近の男鹿側でのサビキ釣りにシマダイが掛かってきました。大きく(30cmオーバー)なるとイシダイと呼ばれ引きが強烈で、関東以西では熱狂的ファンが大勢います。

先端部でカニをエサに落とし込み釣りしている人に26cmがヒットしました。


今の時期はこのサイズが群れで泳いでいます。小っちゃくても引きは一丁前ですよ。


30cmを超えるとイシダイと呼ばれ、なかなか釣れないため関東以西では幻の魚とも言われています。


〇マダコ   200~500mまでの男鹿側をタコエギでこまめに探っていた人が5杯釣り上げました。胴長10cm以上をキープし、小さいのはリリースしたそうです。


 午前の部は終わったので一休みし、午後からはアオリイカも狙うそうです。今日は墨のかけあいになりそうですね。家族で本気モードで勝負していました(笑)。


家族でタコ釣りに来た少年もお父さん、お母さんとの勝負に一歩も引かず写真サイズのマダコを4杯抜き上げました。


初代「タコ釣り命少年」の家族で~す。今日は皆で16杯釣ったそうです。ライバル少年たちよ、挑戦状を持って、いざ北防へ!(笑)。


〇ヒラメ   700m付近の男鹿側でアジの泳がせ釣りに50cmがアタックしてきて、ネットに収まりました。今日はヒラメも連休中でゆっくり休んでいるせいか、反応が今一つのようです(ホントかな!?) 。


泳がせ釣りのアジにガブリとかぶりついてきたひらめ。


〇コノシロ    150m付近の男鹿側での投げサビキ釣りに30cmクラスがヒットしています。


同サイズを3匹釣り上げ、「引きを楽しんだから帰ります」と、あとかたずけをしてました。



閲覧数:2,571回0件のコメント

最新記事

すべて表示